「離婚Q&A」 一覧

現在62歳の専業主婦です。 夫との熟年離婚を考えていますが、65歳になるまで待つようにアドバイスされたのですが、その理由を教えてください。

2017/10/30   -離婚Q&A
 

解説 離婚した後に問題となるのは、年金受給者となったときの女性の受給額の低さにあります。 妻が第2号被保険者であれば、自分の老齢基礎年金、老齢厚生年金を受け取ることができますが、第1号、第3号被保険者 ...

女性は男性よりも、年金を早く受け取れると聞いたのですが、厚生年金の支給時期というのはどのように判断されますか?

2017/10/30   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚を考える際に、年金をいつから受給できるかについて知っておくことは、生活設計にとってとても重要です。 もともと厚生年金保険は60歳(女性は65歳)から支給をされてきましたが、昭和61年に改正さ ...

結婚するまで会社勤めをしていました。 離婚した場合、厚生年金はどうなるのでしょうか。

2017/10/30   -離婚Q&A
 

解説 会社勤めをしていたのであれば、厚生年金の受給資格を有していることになります。 この場合は、老後は老齢基礎年金に加え、老齢厚生年金を受給することができます。 正社員だけではなく、正社員の通常勤務に ...

専業主婦で年金を収めた経験というものがありません。 それでも受給できる年金があると聞いたのですが、離婚しても支給されるのでしょうか。

2017/10/30   -離婚Q&A
 ,

解説 国民年金は、加入条件を満たしていれば、死ぬまでもらえる終身年金です。 離婚したとしても支給されます。 国民年金から支給される年金というのは、老齢基礎年金と呼ばれ、老齢給付の土台となる年金です。 ...

離婚後の生活費は年金に頼るということになるのですが、年金について全くわかりません。 どのような種類があるのでしょうか。

2017/10/30   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚後の生活費にあてるとしても、まず、年金の種類を理解しておくというのはとても重要なことです。 年金制度は誰が管理して運営しているかによって、①公的年金、②企業年金、③個人年金の3つに分けること ...

離婚の際に夫から家を譲り受けましたが、先日「夫婦間の贈与だから取り消す」と言われました。 家を返す必要はありますか?

2017/10/29   -離婚Q&A
 ,

解説 民法では離婚時の財産分与請求権を認めています。 通常では夫婦で結婚期間中に協力して築き上げた財産を均等に分割します。 ただ、夫が愛人を作り、長い間その愛人の家で暮らしていて帰ってこない」などとい ...

長年内縁関係にあった夫が、他の女性と同棲するようになりました。 別れた場合は、財産分与や慰謝料の請求はできますか。

解説 生活をともにして、外見的には夫婦のように暮らしていても、結婚するという意思がないという場合は「同棲」です。 また、夫婦同然に生活をしていて結婚の意思もあるものの、婚姻届は出していないという場合は ...

離婚時の財産分与で財産を受け取ると課税されるのでしょうか。 また慰謝料などを受け取った場合は、贈与税がかかってくるのでしょうか。

2017/10/29   -離婚Q&A
 , ,

解説 財産分与では、おもに財産をもらう側が税金を支払うものだと勘違いしている人がいらっしゃいます。 おそらく贈与・相続の場合に財産をもらう側に課税されるために、財産分与でも、もらう側に税金が課されると ...

財産分与・慰謝料の分割払いを求められています。 一般的にはどのような支払いがありますか?

解説 財産分与であったり、慰謝料などの支払いは、分割にせずにできるだけ一括ですませてしまったほうが無難であると考えられます。 やむを得なく、分割にするという場合であっても、最初に支払う頭金を多くするな ...

夫の浮気が原因で離婚をしたのですが、1番の被害者が子どもです。 子どもが、夫の浮気相手に対して慰謝料を請求することはできますか?

解説 妻が、妻自身の慰謝料の請求だけではなく、離婚によって子どもから父親が奪われたことに対して、子どもの代理人として、子の慰謝料請求権を行使することは可能でしょうか、というお問い合わせをよく頂きます。 ...

夫の不倫が原因で離婚することになりました。 慰謝料はどの程度受け取ることができますか。

2017/10/29   -離婚Q&A
 , ,

解説 たとえば夫に明らかな非があって離婚する場合、精神的・経済的など何らかの損害を受けた妻は、夫に対し慰謝料を請求することができます。 慰謝料額について法律上に明確な基準はありません。 請求するだけで ...

離婚の原因を作った夫の浮気相手に慰謝料を支払わせたいと考えています。 請求は可能でしょうか。

2017/10/29   -離婚Q&A
 , ,

解説 民法によると、夫婦は同居し、お互いに協力、扶助する義務を負うものとされています。 この定めには、お互いの貞操義務も含まれていて、これに反する行為を「不貞行為」と呼んでいます。 通常、肉体関係を伴 ...

夫と「性格の不一致」を理由に離婚することになりました。 慰謝料請求はできますか?

解説 離婚で手にする財産としては、財産分与の他に、慰謝料があります。 財産分与は、夫婦で築いた財産に対する貢献度によって分配されるので、離婚の原因を作ったほうが責任を問われて取り分を減額されるようなこ ...

姑の執拗な嫌がらせに疲れました。 離婚したいのですが、姑にも慰謝料を請求することはできますか。

2017/10/29   -離婚Q&A
 ,

解説 このケースの事情のように、夫側の家庭や姑が夫婦関係にやかましく干渉してきたために、結婚生活が破綻することもあります。 そのような場合、離婚に際して姑に対して慰謝料請求することはできるのでしょうか ...

浮気を繰り返す夫に疲れ果て、娘2人を私が育てる条件で離婚を考えています。 慰謝料はどの程度請求できるのでしょうか。

解説 このようなケースの場合には、当然として夫に責任があり、慰謝料を請求することができます。 離婚の際に請求できる慰謝料の具体的な金額や算定方法については、法律上特に定めがあるわけではありません。 離 ...

離婚の慰謝料を請求したいのですが、その額は結婚期間によって変わってくるのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 財産分与と同様に、慰謝料の額の算定にあたっても結婚期間の長期は考慮されます。 とはいえ、これはケースバイケースで、結婚間もないと慰謝料が安く、熟年離婚だと慰謝料が大きくなるとは限りません。 慰謝 ...

結婚して共働きをしていましたが、離婚することにしました。 財産分与の比率はどのようなのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 , ,

解説 夫が働いているかどうかで財産分与の割合が変わってくることもあります。 財産分与が認められるのは、夫婦が共同で形成した財産を公平に分配するためです。 それぞれ、財産形成にどの程度の貢献をしていたか ...

夫の給料から少しずつ私名義のへそくりを貯めているのですが、離婚の際には、へそくりも財産分与の対象となるのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 夫婦が離婚するとき、その財産を公平に分配するための制度が「財産分与」です。 夫婦は経済的にも協力して生活を営んでいます。 財産の形成についても協力して行っているわけですから、離婚に際しては、協力 ...

夫との離婚を考えていますが、収入や子どもの学校のこともあり、離婚後も今の家に住みたいと考えています。 可能でしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 現在の住居に離婚後も住み続けることができるかどうかは、夫婦間の協議にかかっています。 今の家が持ち家である場合、財産分与の問題になります。 今の家に住み続けることができるように、財産分与に際して ...

今住んでいるマンションについて財産分与をする場合、どんな問題がありますか。

解説 不動産を分与する場合は、ローンの残額が問題になります。 ローンの残額が現在の不動産の評価額を下回っている場合は、評価額からローンの残額を差し引いた金額が現在の不動産の価値になり、財産分与の対象と ...

持ち家は夫と子どもが住むために財産分与の対象としませんでした。 離婚して1年がたちますが、家を財産分与とすることはできますか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚の財産分与を請求できるのは、離婚のときから2年以内と決められています。(民法768条) この期間を過ぎた後では財産請求をすることができなくなりますから、注意が必要です。 それに2年以内に請求 ...

共働きなどの場合は財産分与が2分の1になるのはわかるのですが、専業主婦の場合はどうなりますか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 たとえば夫の月給の方が妻の月給よりも多い共働き夫婦が離婚した場合では、「すっぱりと半分に分けるべき」という考え方と「財産を築くためにどの程度寄与したかに応じて分けるべき」という考え方に分かれ2分 ...

専業主婦ですが、お金の管理は夫がすべてやり、家の財産がどうなっているか分からないので離婚後の生活が不安です。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 「夫がお金に細かい性格で、貯金や株などの管理はすべて自分でやっていて、妻の私には毎月定額の生活費を渡すだけなので、財産がどうなっているのかさっぱり分からない。離婚した後、経済的に安心して生活でき ...

専業主婦です。 協議離婚することになりましたが、預貯金もなく分ける財産がありません。 離婚後の生活が不安です。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 財産分与には、築いてきた財産を離婚に際して清算するという意味合いの他に、離婚によって生活が不安定になる側を扶養するという側面もあります。 夫婦が生活をする上で築いてきた財産は話し合いで分けます。 ...

専業主婦です。 離婚する際に財産分与を要求することはできるのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚に伴って支払われる金銭を離婚給付金といいます。 この給付金には、財産分与、慰謝料、そして子どもがいる場合には養育費があげられます。 給付金の中でも、離婚の際にどの夫婦も話し合わなければならな ...

財産分与の対象となる財産はどのように評価すればよいのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 財産分与の対象となる財産の確定後、それが金銭的にいくらになるのかを計算します。 現金のように、2つに分割したり客観的に評価できるものであれば問題ありませんが、建物のようなものであれば、財産として ...

離婚にあたって財産分与をしなければならないおんですが、対象となる財産の範囲を教えてください。

2017/10/28   -離婚Q&A
 

解説 まず、どの範囲が財産分与の対象となるのかを見ていきましょう。 基本的には、結婚してから形成された財産は財産分与の対象になります。 一方で、結婚前からそれぞれが所有していた財産は対象外です。 たと ...

離婚時に財産分与できるものを教えて下さい。まだ受け取っていませんが、夫の退職金は対象になりますか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 財産分与の歳、清算の対象となるものは以下の通りです。 ・預貯金(解約時にお金が戻ってくる生命保険を含む) ・不動産、有価証券、投資信託、会員権、価値の高い美術品や骨董品、退職金 ・医師や会計士、 ...

平均的な会社員の専業主婦です。 離婚を考えていますが、財産分与と慰謝料とで普通はどの程度になるものでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 , ,

それぞれの夫婦が築いた財産によって財産分与額は異なってきます。 現在のところ、一般会社員の家庭では、財産分与と慰謝料をあわせ、額にして200万円程度といえるでしょう。 また、通常、婚姻期間が長いほど財 ...

財産分与と慰謝料にはどんな違いがあるのでしょうか。 離婚時に決めておかなければなりませんか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚に際して、決めなければならないのは、子どものいない夫婦の場合は、財産分与や慰謝料など金銭的なことがメインになると思われます。 これまでに夫婦で築いてきた財産を、お互いの間で清算する必要があり ...

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.