探偵事務所 豆知識集

探偵の浮気調査ってどこまで調べるの?

投稿日:

あけみ姉 さん
こんにちは、探偵くん。
探偵 くん
おはよう!あけみ姉さん。
あけみ姉 さん
ところで、探偵事務所とか興信所って、どこまで調べることができるの?
探偵 くん
いい質問だね。
一般的な探偵事務所とか興信所っていうのは、探偵業法にきちんと則って営んでるから、この「法律」だったり「権限」ってものが重要になってくるよ。

探偵業法による規制

探偵業法には、定義としてこんなことが記載されています。

第二条(定義)
他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務を行う営業をいう。

探偵事務所や興信所が尾行や張り込み、聞き込みを行う場合には、この探偵業法の規制を受けることになりますが、逆に言えば、この法律によってこういったことを業務とすることが認められています。

ただし、もちろん住居不法侵入であったり、不安や恐怖を与えたような場合は違法行為となり罰則を受けます。

また、探偵業法では「差別に関する調査」「犯罪行為や違法な行為のために用いる調査」は禁止としています。

第九条(探偵)
探偵業者は、当該探偵業務に係る調査の結果が犯罪行為、違法な差別的取扱いその他の違法な行為のために用いられることを知ったときは、当該探偵業務を行ってはならない。
具体例
結婚や就職に際し、対象者の出自を調べるような調査
は、差別調査に該当
依頼者がストーカーであり、ストーカー行為を行うために対象者の所在を調べる調査
は、犯罪行為や違法な行為のために用いられる調査に該当

これらの調査を行うことは、探偵業法に違反し、営業停止処分となります。

「興信所業者が講ずべき個人情報保護のための措置の特例に関する指針」による規制

これは、探偵業者・興信所業者に関わるガイドラインであって、特に個人情報の取り扱いに関して定められたものです。
このガイドラインには興信所の調査業務に関する定義が記載されております。

他人(個人である者に限る。以下、同じ。)の生命、身体、財産その他の権益保護のために必要な人の所在又は行動に関する事項について、 当該他人の需要に応じて調査し、その結果を当該他人に報告する業務。

また、依頼内容に法的な正当性(法的根拠)がない場合は、調査対象者に調査することを通知しなければならないとされています。
但し、以下のようなケースでの調査は行わないようにしなければなりません。

・社会的差別となる原因となるとき
・ストーカー行為規制法違反やその他の犯罪となるとき
・DV被害者の所在調査が目的であるとき

また、例えば盗聴器を用いる場合など違法な手段に該当しないように調査をしなければならないとも記載されています。
探偵業法と異なる点は、ガイドラインのため特に罰則がないことですが、尾行・張り込みを調査で用いる場合はやはり探偵業法での届出が必要になります。

”どこまで調べられる”か

以上の法律と権限を考慮して考えていきますと、
・犯罪や違法行為を伴うようなことはできない。
・差別やストーカーなどの行為、DVなどの家庭内暴力等の犯罪行為を助長する目的のための調査はできない

それを伴わない尾行、張り込み、聞き込みといった調査はなんでもできるといった感じになります。

なので”どこまで調べることができるのか”で、一番大事なのは探偵の調査能力です。
探偵には、どこまでの調査能力があるのか、ですが。
例えばの話、とある人の携帯電話番号を入手したとします。
この電話番号という手掛かり1つでどこまでのことを調べられると思いますか。
全ての探偵に言えることではないとは思いますが、一般的〜優秀な探偵であれば、名前、住所、生年月日、自宅の電話番号、勤務先、年収、借金と借入先、過去の犯罪歴、家族構成、家族を含めた宗教、乗っている車の種類やナンバー、実家、マイナンバーまで調べあげることができます。

何で!?と思うかもしれませんが、普段私たちは何気なく生活をしているうえで、あらゆる個人情報を撒き散らしているのです。
ツタヤカードとか作るときに、何を書きましたか?
アマゾンなどのネット通販などを利用するときに、何を入力しましたか?
Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSを利用する際に、どんな情報を入力していますか?

ということなんです。

こういった情報はまわりまわって流れて、データベース化されているんです。
そのデータベースにも、たった1つの090/080の携帯電話番号を入力するだけであらゆる情報を取り出すことができてしまうのです。
もちろん、何もなければこういったサイバー情報は一般に出回ることはないのでご安心いただければと思います。

また、調査能力の高い探偵事務所や興信所は、合法的にこれらの情報を日々取得するよう動いています。
調査能力が低いと無駄な調査であったり効率の悪い調査になるために、費用も時間もかかってしまうという悪循環になります。

調査能力の高い探偵業者に依頼することが成功の鍵

違法性のない依頼に関しては、合法の範囲内で優秀な探偵は調べあげることができ、その成功率は調査能力が低い探偵業者に比べて非常に高くなります。
賢い探偵の選び方は以下記事等を参考にしてみてください。

浮気調査をする際の探偵の選び方について教えて!
http://xn--y8j8go05nuhdsjr2ebw1gxeh.com/erabikata/(当サイト内部リンク)

最新版優良探偵事務所の無料相談・紹介への問い合わせページ
https://tanteisagashi.com/(浮気探しのタントくん)

-探偵事務所, 豆知識集

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.