離婚Q&A

浮気相手と結婚するために、妻に無断で離婚届を出したところ受理されました。離婚は成立しているのでしょうか?

投稿日:

探偵 くん
離婚届が偽造であった場合は罪に問われます。
また、合意していない離婚というものは成立しません。

解説

提出した離婚届の妻の記名と捺印(押印)は奥さんがしたものだったのでしょうか。
もしあなたの手によるものだった場合は、私文書偽造罪が成立する可能性があります。
また、役所に虚偽の届出を提出したことによって、公正証書原本不実記載罪(刑法157条)が成立することにもなります。

離婚届の記名と捺印がたとえ奥さんがしたものであっても、届出を行う時点で夫婦が合意していなければ、離婚は成立しません。
ただ、市区町村役場は離婚届が夫婦の合意によって届け出たものかどうかについては調べませんので、記載内容に漏れがなければ受理し、戸籍の書き換えを行ってしまいます。

この場合戸籍上では離婚が成立したことになっているので、新しい相手との婚姻届を出しても受理されることになります。

しかし、当然奥さんからしたら、家庭裁判所に離婚無効確認の調停を申し立てることになるでしょう。
おそらく、そこであなたの離婚届の虚偽が明らかになり、調停手続きで決着がつくことになると予想されます。

ひとたび離婚が無効であると確定すれば、あなたは重婚罪(刑法184条)に問われることになります。
再婚を真剣に検討されているのであれば、時間はかかっても調停や裁判による離婚を検討するべきです。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2018 AllRights Reserved.