離婚Q&A

離婚が成立する前に家を出ると、慰謝料を請求できなくなってしまうのでしょうか?

投稿日:

探偵 くん
家を出る正当な理由があれば慰謝料を請求することはできます。

解説

離婚が成立する前に先に家をでると、「悪意の遺棄」を指摘されて慰謝料を相殺(互いのもつ債権を相当額の範囲で消滅させること)されることがあります。

「悪意の遺棄」というのは、夫婦の同居義務を果たさずに、一方的に家を出るという行為を指し、裁判上の離婚理由の1つにあげられています。(民法770条)

しかし、これはあくまで家を出ることに正当な理由がない場合の話で、単身赴任や病気療養、暴力などの事情がある場合には「悪意の遺棄」とはなりません。

たとえば「夫や浮気をして家に帰ってこない」「浮気相手から無言電話や尾行などの嫌がらせをされている」など別居を踏み切るの足る事情がある場合には、先に家を出たからちい離婚訴訟時に不利になることはないでしょう。

ただ用心したいのは、配偶者側がその理由に関する証拠を隠滅するという可能性があるということです。

裁判所は双方の言い分や証拠をもとに、公平に判断を下す場所です。

証拠がなければ、たとえそれが事実であってもなかなか認めてくれません。

確実に自分の言い分を認めてもらうためには、「配偶者と浮気相手のメールのやりとりの形跡やホテルの領収書などを入手する」「浮気相手の嫌がらせ電話の録音をする」「尾行を受けた際に警察に相談しておく」などの証拠集めをしておいたほうがよいでしょう。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.