離婚Q&A

夫と別居中です。子どもが成人するまでは離婚はしないことになりました。それまで夫に生活費の請求をすることはできるのでしょうか。

投稿日:

探偵 くん
請求はできますが、認められないという場合もあります。

解説

民法上夫婦には婚姻費用の分担義務があります。

あなたと夫が戸籍上の夫婦である以上は、夫はあなたに生活費や子どもの養育費、収入相応の交際費や医療費などを支払わなければなりません。

ただ、別居の原因が、たとえば夫になんの落ち度もないのに、あなたが追い出したような形である場合は金銭の請求はできない場合もあります。

請求金額については個別に判断されます。

別居や婚姻関係の破綻の原因や、両者の収入、そして子どもの養育費洋などのほか、夫と暮らしている女性がいる場合、その女性の責任が小さい場合にはその人の生活費も考慮されることになります。

具体的な金額を算出するためには、さまざまな算定方式を使って計算します。

当事者間で解決できない場合には家庭裁判所で婚姻費用分担の調停や審判で解決する方法があります。

その場合は時間がかかりますので、家庭裁判所に申し立てて、とりあえず結論がでるまで生活費を仮に支払ってもらうための手続きをとるとよいでしょう。

ただし、家事事件手続法上の調停前の処分(家事事件手続法266条)には執行力がにこともあり、実務上はあまり利用されていません。

一般的な民事保全手続きである仮差押を利用することはできますが、担保の用意など別途費用がかかります。

適切な手続きについて弁護士に相談して対処することになるでしょう。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-, , ,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2018 AllRights Reserved.