離婚Q&A

財産分与と慰謝料にはどんな違いがあるのでしょうか。 離婚時に決めておかなければなりませんか。

投稿日:

探偵 くん
違いがありますが、いずれも離婚前に決めておくほうが無難です。

解説

離婚に際して、決めなければならないのは、子どものいない夫婦の場合は、財産分与慰謝料など金銭的なことがメインになると思われます。

これまでに夫婦で築いてきた財産を、お互いの間で清算する必要があります。

これが財産分与です。

妻が専業主婦で金銭収入がなかったとしても、これまでに築かれた財産は妻の協力あっての財産とみなされ、夫婦共有の財産となります。

また、妻の不貞で別れるような場合でも、基本的には離婚原因を作った妻の側(有責配偶者)からも財産分与を請求することができます。

一方、慰謝料は財産分与とは違って、どんな夫婦の場合にも必ず請求できるわけではありません。

相手側が有責配偶者である場合には、原則として慰謝料を請求できます。

夫婦双方に同等の離婚原因がある場合、あるは夫婦のどちらかに責任を負わせるな離婚原因がない場合には、慰謝料の請求は認められません。

財産分与の時効は2年慰謝料の時効は3年で、離婚後でも請求は可能です。

ただし、離婚した後でいざ請求しようとしても、たいていの場合、簡単には応じてもらえないのが現実です。

また肝心の財産を処分してしまっていて、面倒なことになる可能性があります。

金銭的な条件は、できるだけ早いうちに、できれば離婚する前に処理しておいたほうがよいでしょう。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.