離婚Q&A

持ち家は夫と子どもが住むために財産分与の対象としませんでした。 離婚して1年がたちますが、家を財産分与とすることはできますか。

投稿日:

探偵 くん
離婚から2年以内であるならば、財産分与請求をすることができます。

解説

離婚の財産分与を請求できるのは、離婚のときから2年以内と決められています。(民法768条)

この期間を過ぎた後では財産請求をすることができなくなりますから、注意が必要です。

それに2年以内に請求しないと、財産分与の請求権がなくなるばかりではなく、その財産が請求不可能な状態になってしまう可能性もあります。

「貯金を使われてしまった」「マンションを買ってに第三者に売られてしまった」などが典型的な例ですが、離婚後2年以上たってからでは、このような問題が起きてもあきらめるしかありません。

不動産は第三者に転売されてしまうと、その第三者に請求することは難しくなってしまいます。

たとえ2年以内であっても、あまり時間がたってしまうと、財産分与の請求が実現できなくなるおそれもあり得ますから、お金の問題は後回しにせず、早いうちに手を打っておくべきでしょう。

なお、離婚後に離婚した相手が稼いだ財産や、遺産相続などで得た相続財産に関しては、財産分与の対象外になります。

あくまで「離婚のときまでに協力して築いた財産」が財産分与の対象です。

なお、慰謝料請求権は離婚後3年で時効になります。

ただし裁判で慰謝料の支払いを命じる判決が出ていれば10年で消滅時効にかかります。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.