離婚Q&A

夫との離婚を考えていますが、収入や子どもの学校のこともあり、離婚後も今の家に住みたいと考えています。 可能でしょうか。

投稿日:

探偵 くん
持ち家か賃貸かで交渉相手が違ってきます。

解説

現在の住居に離婚後も住み続けることができるかどうかは、夫婦間の協議にかかっています。

今の家が持ち家である場合、財産分与の問題になります。

今の家に住み続けることができるように、財産分与に際して、登記簿上の所有名義を自分に移してもらうよう、交渉しましょう。

場合によっては、ローン残金をすべて負担したり、不足分を金銭で補うことになるかもしれません。

財産分与の内容は、離婚の原因や子どもの養育を誰がするか、など各夫婦の事情によっても異なりますので、離婚後の生活に無理がでないよう、慎重に話し合って下さい。

賃貸住宅に住んでいる場合は、賃借人名義が問題になります。

契約書上の賃借人以外の人が居住を続けることになる場合、貸主に通知して承諾を得る事が必要です。

このとき、貸主から「前の契約を解除して新しい契約をすることになるので敷金を払って欲しい」などと要求される可能性があります。

しかし、実質的な利用状況が変わらず、室内のリフォームなども必要ない場合は法的な解約理由がないので、敷金の支払い義務などは発生しないと考えられます、

家賃の滞納や室内の著しい破壊など、解約の正当な理由がある場合は別ですが、そのような事実がないのであれば、現契約の継続を貸主と交渉してみてください。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.