離婚Q&A

結婚して共働きをしていましたが、離婚することにしました。 財産分与の比率はどのようなのでしょうか。

投稿日:

探偵 くん
夫婦の収入や家事の分担状況によっても異なります。

解説

夫が働いているかどうかで財産分与の割合が変わってくることもあります。

財産分与が認められるのは、夫婦が共同で形成した財産を公平に分配するためです。

それぞれ、財産形成にどの程度の貢献をしていたかで、分与の比率が決定されます。

貢献の程度は、働いて直接収入を得ていたかというだけで決まるわけではありまえんが、一般的には、以下のように決められています。

 

1.一緒に家業をしていたケース

よく中小企業などでは、夫婦が二人三脚で経営をして、財産を築いていることがあります。

そのようなケースでは、妻の貢献度は高く評価されて、50%の分与が認められることが多いでしょう。

2.共働きのケース

夫も妻も共に働きに出ている場合が、近年ではよく見られます。

この場合には、50%の分与が推定されます。

双方とも給与所得があれば、客観的な判定ができます。

ただ、妻が家事一切をしていると、場合によっては妻の比率のほうが高くなることもあります。

3.専業主婦のケース

専業主婦といっても、家事労働によって夫の勤労を支えていたと評価できます。

そのため、最近では50%の分与が認められるのが主流となってきています。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-, ,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.