離婚Q&A

離婚時の財産分与で財産を受け取ると課税されるのでしょうか。 また慰謝料などを受け取った場合は、贈与税がかかってくるのでしょうか。

投稿日:

探偵 くん
原則として、財産分与や慰謝料には贈与税はかかりません。

解説

財産分与では、おもに財産をもらう側が税金を支払うものだと勘違いしている人がいらっしゃいます。

おそらく贈与・相続の場合に財産をもらう側に課税されるために、財産分与でも、もらう側に税金が課されると誤解されるのだと思います。

しかし、財産分与では財産をもらう側は、過大に多い金額であったり、節税目的でなければ、税金(贈与税)を支払う必要はまったくもってありません。

一方で、財産を渡す側については、おもに不動産を譲渡するときに、譲渡所得税という税金を課さなければならない場合があります。

たとえば、長年家族で暮らしていた自宅を、妻に財産分与し、夫は家を出て行くといったケースで、自宅を譲渡した夫に譲渡所得税が課される場合があります。

譲渡所得税の計算にあたっては、夫が自宅を元妻に渡した時の時価を、譲渡所得とする決まりになっています。

しかし、居住用不動産の譲渡の場合は、3000万円までの利益については控除の対象となっております。

つまりは、財産分与の対象となる不動産の時価が3000万円以下であれば、税金を支払う必要がないということです。

ただし、この特例は、親子や夫婦といった間柄では適用されません。

そのため、特例による控除を受けたいという場合には、離婚によって夫婦関係を解消した後に財産分与を行うという必要がありあます。

また、不動産の時期が3000万円を超えるという場合、特例で3000万円のを特別控除したうえで、居住用不動産の軽減税率適用の特例を受けるということもできます。

軽減税率適用の特例は、不動産の所有期間が10年を超えているということが条件です。

なお、慰謝料は、損害賠償金、またはそれに類するもので心身に加えられた損害などに起因して取得されるものとして、相手方から損害賠償として支払われるおのであり、贈与を受けたものではありません。

そのため、原則として贈与税はかかりません。

ただし、財産分与や慰謝料が以下にあてはまるという場合には、課税の対象となりますので、ご注意ください。

1.分与された財産の額が婚姻中の夫婦の強力によって得た財産の価額や、その他すべての事情を考慮してもなお多すぎる場合には、その多すぎる部分に贈与税がかかることになります。
2.離婚が贈与税や相続税免れのために行われたと認められる場合には、離婚によって得た財産すべてに贈与税がかかります。

参考になる他サイト様

http://mori-law-office-blog.at.webry.info/200711/article_3.html(離婚・相続専門弁護士 間違いだらけの離婚・相続ー精算的財産分与と税金)

http://blog.livedoor.jp/fudousan_soudan/archives/1806636.html(横浜不動産相談所ー財産分与の不動産取得税)

http://www.1-oohashi.com/blog/2016/10/post-297.html(税理士法人大橋会計ブログー贈与税 その9)

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-, ,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.