離婚Q&A

長年内縁関係にあった夫が、他の女性と同棲するようになりました。 別れた場合は、財産分与や慰謝料の請求はできますか。

投稿日:

探偵 くん
内縁関係であっても法律上の夫婦に近い保護がされるので、財産分与や慰謝料の請求はできます。

解説

生活をともにして、外見的には夫婦のように暮らしていても、結婚するという意思がないという場合は「同棲」です。

また、夫婦同然に生活をしていて結婚の意思もあるものの、婚姻届は出していないという場合は「内縁」となります。

たとえば、すでに誰かと婚姻届を出している状態だが、別の誰かと結婚するつもりで同棲しているというケースも内縁関係にあたります。

これを重婚的内縁関係といっています。

内縁の場合は、相続権がないなど原則として婚姻としての法律の保護を受けるということはできませんが、内縁関係を解消するときには財産分与や慰謝料を請求することが可能となります。

婚姻関係の場合と全く同じというわけではありませんが、準婚関係といい、内縁関係でも結婚に準じた扱いがなされ、婚姻に関する民法の規定が類推適用されることになります。

内縁関係だからといって、家にお金を入れなかったりすれば、協力扶助義務違反となるわけです。

もちろん、貞操の義務もありますから、身勝手な不貞をはたらいた場合は、通常の婚姻と同様に、慰謝料請求をされることになります。

しかし、「結婚する意思」であったり「夫婦同然の生活」というのははっきりとした線引が難しいところなので、場合によっては内縁の関係は、同棲や単なる共同生活であるとも解釈されてしまいます。

内縁の場合は、通常の夫婦の離婚ようにはいかないというのが現実的なところです。

調停では財産分与や慰謝料の額を決めてもらうことができる

たとえば、離婚調停(内縁関係調整)では、両者が調停でうまく合意して、調停が成立したときは、裁判所が調停調書を作成します。

基本的には、裁判所(調停委員)側が財産分与や慰謝料について一方的に決めてしまうということは原則的にありませんが、当事者双方が合意すれば、調停で慰謝料や財産分与を決めてもらうということもできます。

もし合意に至らずに、調停が不成立となった場合には、家庭裁判所の職権によって審判に付されることもあります。

そしてこの審判においては、財産分与慰謝料について決めることもあります。

その後2週間以内に当事者が異議申し立てをしないと、審判の内容が確定してしまいますが、異議申し立てがあった場合には、その審判は効力を失うことになり、さらに解決を求めて訴訟を提起するということになります。

財産分与・慰謝料の変更は可能なのか

離婚(内縁関係解消)の後に、離婚時と状況が変わったからといって財産分与や慰謝料について変更を認めてもらうというのは難しいです。

ただし、相手が不倫をしていたことを隠していたり、無理やり念書を欠かされたといった場合には、一定期間内であれば慰謝料請求や財産分与のやり直しが認められるという可能性もあります。

参考になる他サイト様

http://www.isyaryou.info/%E5%86%85%E7%B8%81%E5%A5%91%E7%B4%84%E6%9B%B8%E3%81%AE%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6-1775.html(不倫・浮気・婚約破棄の慰謝料請求相談所ー内縁契約書の作成について)

http://www.ingenuity-law-office.jp/blog/2017/05/post-35.html(さっぽろ大通法律事務所オフィシャルBLOGー死亡事故における内縁の配偶者の慰謝料について)

http://shimanami.way-nifty.com/homelawyer/2017/08/post-1ab8.html(家庭弁護士の訟廷日誌ー【男女関係】 内縁関係・婚姻予約の解消)

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-, ,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.