離婚Q&A

離婚の際に夫から家を譲り受けましたが、先日「夫婦間の贈与だから取り消す」と言われました。 家を返す必要はありますか?

投稿日:

探偵 くん
財産分与と贈与は違います。

解説

民法では離婚時の財産分与請求権を認めています。

通常では夫婦で結婚期間中に協力して築き上げた財産を均等に分割します。

ただ、夫が愛人を作り、長い間その愛人の家で暮らしていて帰ってこない」などという、一方に離婚の主な原因があるとされる場合には、財産分与に慰謝料を上乗せをするというような形式をとることもあります。

たとえば、夫に原因があるといった場合、妻が不動産など大きな財産を譲り受けることで離婚協議に合意するわけです。

今回のご相談のケースにおいても、妻が家を譲り受けたのは離婚とは不可分のものであり、離婚の際の財産分与に該当するものだと考えられます。

つまり、取り消しが可能な夫婦間の通常の贈与とは性質が異なるということです。
したがって、譲り受けた家を前の夫に返還するという必要はありません。

ちなみに、前夫の言うとおり、民法は夫婦間の贈与は取り消すことができると想定しています。(民法754条)

しかし、この規定というのは円満な夫婦には適用されるものの、すでに夫婦関係が実質的に破綻しているような夫婦には適用されません。

たとえば、離婚当時、夫はすでに愛人卓で暮らしていたというような場合には、夫婦関係が実質的に破綻していたと考えられて、たとえ自宅の贈与が離婚成立前であったとしても、民法の取り消し規定は適用されずに、譲り受けた家を返すという必要もありません。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.