離婚Q&A

離婚後の生活費は年金に頼るということになるのですが、年金について全くわかりません。 どのような種類があるのでしょうか。

投稿日:

探偵 くん
年金は3階建の構造となっており、国民年金、厚生年金、共済年金の3種類に分けられています。

解説

離婚後の生活費にあてるとしても、まず、年金の種類を理解しておくというのはとても重要なことです。

年金制度は誰が管理して運営しているかによって、①公的年金、②企業年金、③個人年金の3つに分けることができます。

この3つの年金のうち、公的年金は、老齢、障害、死亡といった事由に対して給付を行っています。

国が管理し、運営する年金のことを公的年金といいます。

年金制度の仕組みについて

公的年金には、①国民年金、②厚生年金保険、③共済年金という3つの制度が存在します。

20際以上のすべての国民がどれかに加入しております。

国民年金は、原則としてすべての20歳以上60歳未満の国民が加入する基礎年金として位置づけられております。

つまり、厚生年金保険や、共済組合の加入者も、厚生年金保険や共済組合への加入と同時に、国民年金に加入をしているのです。

その保険料は、厚生年金保険の保険料として集めた財源の中から、国民年金にまとめて拠出金が支払われております。

共済組合の場合も、同様にです。

公的年金制度は、保険料で今現在の年金給付をまかなう「世代間扶養」という仕組みになっております。

また、物価が変動しても年金の実質価値を維持するための「物価スライド」であったり、給付水準を自動的に調整するという「マクロ経済スライド」という制度を導入しております。

さらに、5年ごとに年金財政の検証も行われています。

年金制度は3段階の構造となっています。

まず、土台として基礎年金(国民年金)というものがあります。

これに上乗せするという形で厚生年金や共済年金というものがあり、さらにその上の厚生年金基金などがあります。

厚生年金には厚生年金に加入している会社の会社員、そして共済年金には公務員などが加入します。

また、国民年金加入者は、任意で国民年金基金に加入するということができます。

国民年金だけに加入している人を、第1号被保険者、厚生年金・共済年金の加入者を第2号被保険者、第2号被保険者に扶養されている配偶者を第3号被保険者といいます。

第3号被保険者は、保険料の負担なしに最低限の年金保証を受けるということができるもので、おもに会社員や、公務員世帯の専業主婦(または主夫)が対象となっております。

共済年金と厚生年金はまた別の制度となっていますが、給付の内容に関しては共通する部分も多く見られます。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.