離婚Q&A

女性は男性よりも、年金を早く受け取れると聞いたのですが、厚生年金の支給時期というのはどのように判断されますか?

投稿日:

探偵 くん
原則で65歳からとなっていますが、移行期間があり、女性は5年遅れのスケジュールとなっているので早く受け取ることができる可能性があります。

解説

離婚を考える際に、年金をいつから受給できるかについて知っておくことは、生活設計にとってとても重要です。

もともと厚生年金保険は60歳(女性は65歳)から支給をされてきましたが、昭和61年に改正され、すべての年金の支給開始年齢を国民年金の支給開始年齢である65歳に合わせるということになりました。

ただし、いきなり65歳にしてしまうというのではなく、生年月日によって若くなるほど段階的に年金の支給開始時期を遅らせていき、最終的には平成37年(女性は平成42年)に厚生年金保険、国民年金ともに65歳からの支給となる予定だそうです。

なお、女性は男性より5年遅れのスケジュールとなっています。

これは、以前女性の年金が男性より5年早い55歳から支給されはじめていたことに配慮したものだそうです。

男性の場合、昭和46年4月2日以降生まれで、女性の場合、昭和41年4月2日以降生まれの人は60歳台前半の老齢厚生年金を受け取ることができなくなります。

そのため、これらの人は65歳からの老齢厚生年金を繰り上げて受給するということが可能になります。

また平成19年4月から65歳からの老齢厚生年金についても支給時期の繰り下げが可能となったために、この制度を利用して支給時期を遅らせるということもできます。

60歳から「報酬比例部分」が受け取れる世代

60歳時点では「何も受け取れない」世代

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-,

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.