離婚Q&A

現在62歳の専業主婦です。 夫との熟年離婚を考えていますが、65歳になるまで待つようにアドバイスされたのですが、その理由を教えてください。

投稿日:

探偵 くん
振替加算を受け取ることができるようになります。

解説

離婚した後に問題となるのは、年金受給者となったときの女性の受給額の低さにあります。

妻が第2号被保険者であれば、自分の老齢基礎年金、老齢厚生年金を受け取ることができますが、第1号、第3号被保険者の場合は老齢基礎年金しか受け取ることができません。

夫が第2号被保険者であっても、老齢厚生年金はあくまで夫名義の年金のため、妻は受け取ることができないのです。

夫の厚生年金から妻が年金を受取ることができる手段としては、振替加算というものがあります。

振替加算に関しては、加給年金との関わりで知ることが大切です。

生計維持者であり、20年以上厚生年金に加入している夫に扶養する妻がいるという場合、老齢厚生年金には加給年金という手当がつきます。

加給年金というのは、厚生年金の受給者に配偶者(内縁関係にあるという者も含む)や、18歳未満の子どもなどがいるときに支給されるもので、「年金の家族手当」とも呼ばれています。

この加給年金というものは、その後妻が65歳になって以降は、妻の老齢基礎年金に加算されるような形で、形を変えて支払われます。

これを振替加算と呼びます。

一度加給年金が振替加算となって妻名義になると、その後夫婦が離婚したとしても、その加算分は生涯にわたって妻が受け取ることができます。

振替加算となる前に離婚をしてしまうと、加給年金の支給は停止されてしまい、妻はその分を受け取ることができません。

よく「離婚は65歳まで待て」などと言われている理由は、このためです。

ただ、実際のところは、65歳を過ぎてから離婚して、振替加算分を妻の老後の生活を支えるほどの額にはなりません。

そのため、離婚にあたっては年金分割の制度を利用するのがよいとされています。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.