「 財産分与 」 一覧

長年内縁関係にあった夫が、他の女性と同棲するようになりました。 別れた場合は、財産分与や慰謝料の請求はできますか。

解説 生活をともにして、外見的には夫婦のように暮らしていても、結婚するという意思がないという場合は「同棲」です。 また、夫婦同然に生活をしていて結婚の意思もあるものの、婚姻届は出していないという場合は ...

離婚時の財産分与で財産を受け取ると課税されるのでしょうか。 また慰謝料などを受け取った場合は、贈与税がかかってくるのでしょうか。

2017/10/29   -離婚Q&A
 , ,

解説 財産分与では、おもに財産をもらう側が税金を支払うものだと勘違いしている人がいらっしゃいます。 おそらく贈与・相続の場合に財産をもらう側に課税されるために、財産分与でも、もらう側に税金が課されると ...

財産分与・慰謝料の分割払いを求められています。 一般的にはどのような支払いがありますか?

解説 財産分与であったり、慰謝料などの支払いは、分割にせずにできるだけ一括ですませてしまったほうが無難であると考えられます。 やむを得なく、分割にするという場合であっても、最初に支払う頭金を多くするな ...

結婚して共働きをしていましたが、離婚することにしました。 財産分与の比率はどのようなのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 , ,

解説 夫が働いているかどうかで財産分与の割合が変わってくることもあります。 財産分与が認められるのは、夫婦が共同で形成した財産を公平に分配するためです。 それぞれ、財産形成にどの程度の貢献をしていたか ...

夫の給料から少しずつ私名義のへそくりを貯めているのですが、離婚の際には、へそくりも財産分与の対象となるのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 夫婦が離婚するとき、その財産を公平に分配するための制度が「財産分与」です。 夫婦は経済的にも協力して生活を営んでいます。 財産の形成についても協力して行っているわけですから、離婚に際しては、協力 ...

今住んでいるマンションについて財産分与をする場合、どんな問題がありますか。

解説 不動産を分与する場合は、ローンの残額が問題になります。 ローンの残額が現在の不動産の評価額を下回っている場合は、評価額からローンの残額を差し引いた金額が現在の不動産の価値になり、財産分与の対象と ...

持ち家は夫と子どもが住むために財産分与の対象としませんでした。 離婚して1年がたちますが、家を財産分与とすることはできますか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚の財産分与を請求できるのは、離婚のときから2年以内と決められています。(民法768条) この期間を過ぎた後では財産請求をすることができなくなりますから、注意が必要です。 それに2年以内に請求 ...

共働きなどの場合は財産分与が2分の1になるのはわかるのですが、専業主婦の場合はどうなりますか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 たとえば夫の月給の方が妻の月給よりも多い共働き夫婦が離婚した場合では、「すっぱりと半分に分けるべき」という考え方と「財産を築くためにどの程度寄与したかに応じて分けるべき」という考え方に分かれ2分 ...

専業主婦ですが、お金の管理は夫がすべてやり、家の財産がどうなっているか分からないので離婚後の生活が不安です。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 「夫がお金に細かい性格で、貯金や株などの管理はすべて自分でやっていて、妻の私には毎月定額の生活費を渡すだけなので、財産がどうなっているのかさっぱり分からない。離婚した後、経済的に安心して生活でき ...

専業主婦です。 協議離婚することになりましたが、預貯金もなく分ける財産がありません。 離婚後の生活が不安です。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 財産分与には、築いてきた財産を離婚に際して清算するという意味合いの他に、離婚によって生活が不安定になる側を扶養するという側面もあります。 夫婦が生活をする上で築いてきた財産は話し合いで分けます。 ...

専業主婦です。 離婚する際に財産分与を要求することはできるのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚に伴って支払われる金銭を離婚給付金といいます。 この給付金には、財産分与、慰謝料、そして子どもがいる場合には養育費があげられます。 給付金の中でも、離婚の際にどの夫婦も話し合わなければならな ...

財産分与の対象となる財産はどのように評価すればよいのでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 財産分与の対象となる財産の確定後、それが金銭的にいくらになるのかを計算します。 現金のように、2つに分割したり客観的に評価できるものであれば問題ありませんが、建物のようなものであれば、財産として ...

離婚にあたって財産分与をしなければならないおんですが、対象となる財産の範囲を教えてください。

2017/10/28   -離婚Q&A
 

解説 まず、どの範囲が財産分与の対象となるのかを見ていきましょう。 基本的には、結婚してから形成された財産は財産分与の対象になります。 一方で、結婚前からそれぞれが所有していた財産は対象外です。 たと ...

離婚時に財産分与できるものを教えて下さい。まだ受け取っていませんが、夫の退職金は対象になりますか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 財産分与の歳、清算の対象となるものは以下の通りです。 ・預貯金(解約時にお金が戻ってくる生命保険を含む) ・不動産、有価証券、投資信託、会員権、価値の高い美術品や骨董品、退職金 ・医師や会計士、 ...

平均的な会社員の専業主婦です。 離婚を考えていますが、財産分与と慰謝料とで普通はどの程度になるものでしょうか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 , ,

それぞれの夫婦が築いた財産によって財産分与額は異なってきます。 現在のところ、一般会社員の家庭では、財産分与と慰謝料をあわせ、額にして200万円程度といえるでしょう。 また、通常、婚姻期間が長いほど財 ...

財産分与と慰謝料にはどんな違いがあるのでしょうか。 離婚時に決めておかなければなりませんか。

2017/10/28   -離婚Q&A
 ,

解説 離婚に際して、決めなければならないのは、子どものいない夫婦の場合は、財産分与や慰謝料など金銭的なことがメインになると思われます。 これまでに夫婦で築いてきた財産を、お互いの間で清算する必要があり ...

すぐにも離婚したいのですが、財産分与や慰謝料などの交渉が長期化してしまいそうで困っています。どうすればよいでしょうか。

2017/10/27   -離婚Q&A
 ,

解説 配偶者からの暴力や浮気などが原因で離婚をする場合、できるだけ早く離婚を成立させて、新しい人生を歩み始めたいと思っている人も多いでしょう。 双方が離婚に合意をしているのでれば、役所に届出を出せばす ...

Copyright© 浮気調査比較くん , 2017 AllRights Reserved.