離婚Q&A

真剣に離婚を考えています。裁判所へ行って、訴訟を申し立てるのが効果的でしょうか?

投稿日:

探偵 くん
離婚の手続きにもステップがありますので、原則おしてはいきなり離婚訴訟を申し立てるのは難しいかもしれません。

解説

離婚によって夫の浮気であったり暴力、そして浪費癖や多額の借金、姑との不仲などの結婚生活によってもたらされる苦痛から解放されるというのは確かなことです。

しかし、離婚後、経済的に不安定な生活を余儀なくされてしまったり、子どもと一緒に暮らせなく成るなどのデメリットが起こることもありえます。
離婚の際に検討すべき事項についてシミュレートしてみて、具体的に離婚のメリットデメリットを冷静に比較検討していく必要があります。

また、離婚を相手がすんなりと認めるかどうかをみきわめることができたら、そのときにきちんと行動を始めたほうがよいでしょう。
離婚を拒否され、長い時間もめることになったり、結局離婚に至らなかったというケースもまれではありません。
一般的に離婚をすすめるためには、以下のようなステップを踏んでいきます。

1.協議離婚

当事者同士で話し合いをし、話しがまとまれば離婚することができます、
9割以上の夫婦が、この協議離婚によって離婚をしています。

2.調停離婚

離婚の条件などでもめて2人の間で話し合いがつかないという場合は、まず家庭裁判所で、離婚の調停をしなければなりません。
調停員の立ち会いのもと、話し合いがまとまれば、いざ離婚することが可能になります。

3.審判離婚

合意に至らずに、裁判所が離婚を認めて審判をくだすという場合になりますが、どちらかが不服を申し立てて訴訟になるというケースがほとんどです。

4.裁判離婚

調停にて、話し合いがつかない、家庭裁判所の審判にも納得がいかない、ということになった場合、最終的には離婚訴訟を起こして離婚の請求をするということになります。

法律上は、「離婚原因」がない場合に、原則として、離婚は認められないということをあらかじめ知っておかなければなりません。
また、1の競技や、2の調停にて配偶者を説得したり、4の裁判までいって離婚するためにも、離婚原因を明確にしておくという必要もあります。
さらに相手に離婚の責任があることの証拠を存在するのであれば、離婚を成立させやすくなりますし、離婚時の条件などもよりあなたに有利な展開になってきます。
日頃から、こまめにメモをとったり、録音するなどして、できるだけ第三者でもわかるような具体的な証拠を集めておくということが非常に大切になってきます。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-手続き, 訴訟, 離婚

Copyright© 浮気調査比較くん , 2018 AllRights Reserved.