離婚Q&A

夫と離婚の話し合いをしていますが、なかなか結論を出せません。 もう一緒に住んでいるのも苦痛なのですが…。

投稿日:

探偵 くん
離婚前に別居してみるというのも1つの手段です。

解説

実際に離婚に踏み切ってしまう前に、しばらく別居して様子をみるという方法をとる夫婦は数多くいます。

別居によってバランスがとれて、そのまま夫婦関係を継続できたというケースもあれば、冷静に離婚するための冷却期間になったというケースもあります。

別居が数年にわたるような長期間の場合は話は別ですが、基本的には別居そのものが法的に不利になるということはありません。

ただし、相手の意向を無視して別居を強要したり同居を拒否したりした場合は、あとで裁判離婚になったときに不利になることもありますので、互いがきちんと納得の上で別居を決めるべきでしょう。

また、専業主婦で夫に経済的に依存していた妻の場合、「夫婦間の協力扶助義務あるいは婚姻費用分担義務(夫婦生活を送る上で必要な費用の分担)」にもとづいて、妻は夫に対して別居中の生活費を請求することができます。

しかし、妻自らが不貞によって別居生活をしているような場合であったり、何らかの理由で妻が夫に対して離婚届をつきつけて、一方的に別居をはじめた場合などでは、妻が夫に対して生活費を請求することはできません。

このように、請求する側に夫婦生活を破綻させた責任がある場合は、権利の濫用として生活費の請求は認められません。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-別居, 離婚

Copyright© 浮気調査比較くん , 2018 AllRights Reserved.