離婚Q&A

経済的な事情で妻と別居をしていました。状況が好転したので同居を持ちかけたのですが、同居に応じてくれません。どうしたらよいでしょうか。

投稿日:

探偵 くん
家庭裁判所に調停を申し立てることもできます。

解説

民法上、「夫婦は同居し互いに協力して扶助しなければならない(752条)」と定められています。

そのためどちらかが一方的に同居を拒否して家を出たという場合には、それが裁判上の離婚理由として認められることもあります。

ただ、仕事の場合などで結婚後も別居せざるを得ないという夫婦もいます。

合理的な理由がある場合は、家庭裁判所の調停などでも別居を勧められることもあります。

その理由としては、夫婦の一方が暴力をふるう(ドメスティックバイオレンス)、借金の取り立てが厳しい、病気療養などがあられます。

しかしこれらの別居原因がなくなれば原則として同居することが求められます。

今回のように、経済的事情という別居原因が解消されたのであれば、妻には同居するという義務が生じます。

法的にいえば、たとえ、別居期間を1年とした約束していたとしても、約束は無効であり、妻は夫からの同居の請求を拒否することはできないわけです。

当事者間でよく話し合い、それでも解決できないという場合には、双方の親や友人に間に入ってもらって、お互いの妥協点を探っていってください。

最終的には、家庭裁判所に「夫婦関係調整の調停」を申し立てることができます。

調停は訴訟ほどには手続きが厳格ではないため、誰でも簡単に利用できるという利点があります。

比較・検討にオススメ

全国100社以上の探偵事務所・興信所の比較して面談不要の無料見積もり

非常におすすめです。
このサイト経由で比較をした場合、各々の探偵事務所・興信所の公式サイトで表示されている浮気調査費用の定価より20〜40%OFFで格安で依頼できます。
面談不要で、メールで全国100社以上の見積もりが送られ、その中から自身で他サイト等の口コミ・レビューをみて検討できます。
比較検討材料として非常じ役に立ちます。
ちなみに、この街角探偵サイトのご利用料金は無料で、営業メールも特にありませんので、ご安心ください。

離婚のプロの弁護士に、無料電話相談・アドバイスをしてもらえる窓口

財産分与や、慰謝料の請求に関しては、各々のご家庭や生活状況などによって異なり、ケースバイケースです。
離婚のプロの弁護士に相談できます。
もちろんご相談による料金はタダ!
電話による相談とアドバイスのサポートのため、メールなどのワズらしい文章を書く必要もありません。
1時間無料とか、30分無料といったような時間制限もありませんので、自身が納得できるまでご相談いただくことができるのでご安心ください。
まだ離婚するかどうか決めかねているという人でも、気軽に弁護士に相談できるためおすすめです。

-離婚Q&A
-別居, 同居拒否

Copyright© 浮気調査比較くん , 2018 AllRights Reserved.